新卒採用の条件について

春先になると様々な企業が会社説明会を始めたり入社試験などを実施したりと、新卒採用に向けて動き出してきます。

そのなかでも、早い企業ですと、会社説明会と入社試験を一緒にやってしまって、次のステップでは、最終面接になるなど、企業側も新卒採用をしたいという気持ちが表れてきます。そのなかで、就活生立ちは冬の時期から企業研究をしたり、業界分析をしたりと、会社を徹底的に研究してきます。
さらには、自己分析を通して、自分にとって、どの仕事が向いているのか、また、しっかりとしたキャリアデザインができているのかなど、自分をしっかりとアピールできるように準備してきます。学生時代に部活動などで、真剣に取り組んでいた方がDYMには多く在籍しています。

このように、就活生にとっても春頃から新卒採用にむけての戦いが始まってきます。



そのなかで、高学歴組の就活生は教授推薦や、学校推薦などを受けて入社できるルートを確保してくるので、早めに新卒採用を獲得できたりもします。
一般的には夏ごろには内定が決まっているのですが、そこでも決まっていない人も多いです。

世界を変えられる企業でありたいというのがDYMの抱える目標の一つです。

新卒採用の決め手となるのが、社会人としての常識がきっちりと備わっていることと、基礎的なコミュニケーションがしっかりとできるかどうかにあります。

そのなかで、高学歴組の就活生は教授推薦や、学校推薦などを受けて入社できるルートを確保してくるので、早めに新卒採用を獲得できたりもします。

一般的には夏ごろには内定が決まっているのですが、そこでも決まっていない人も多いです。



新卒採用の決め手となるのが、社会人としての常識がきっちりと備わっていることと、基礎的なコミュニケーションがしっかりとできるかどうかにあります。
特に就活生に多いのが、面接の時に面接官の質問に対して緊張のあまりちぐはぐな回答をしてしまったり、会話が成り立っていなかったりすることが多いです。

このため、しっかりとした会話ができるように、練習をしておくことが内定を勝ち取る決め手となります。